人と関わらない仕事は何がある?


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

「人と関わらずに仕事ができたら、どんなにいいか」そう考えている人が増えています。またやる気があって仕事自体も楽しいのに「人間関係」のせいで仕事を失う人もいるのです。でも安心してください。人と関わらない仕事や、最低限の関わりで出来る仕事はたくさんあります。

人と関わらない仕事【バイト・パート編】

人と関わらない仕事をするには「在宅」が一番です。電話やメールのやり取りは必要でも人間関係を作ったり、付き合いをしたりということはありません。またバイトやパートに行くことにした場合でもあまり話をせずに済むような仕事が好ましいですね。

  • 工場の仕事

箱詰めやシール貼り、または製品の組み立てなどの工場での仕事は人と関わりの少ない仕事です。夜勤のシフトも選ぶことができる場合もあり、苦手な人がいても避けることができます。

そもそも工場作業では会話が禁止というところも多いので親しくなることもないでしょう。工場作業の仕事は時給もいいところが多いのがうれしいです。食品加工の仕事では時給1,300円などもめずらしくありません。

  • 清掃の仕事

清掃の仕事は病院・マンション・学校・スポーツ施設・ホテルなど様々な業種で募集されています。時給は900円~1,000円が相場で、作業は一人ですることが多いので人付き合いが苦手な人には向いている仕事です。

トイレ清掃などもしなくてはならない場合がありますが、それさえ我慢すればきつい仕事ではないでしょう。気をつけなくてはならないのはシフトが短いものが多いことです。時給がよくても時間をいっぱい入らなければ結果的に稼げないといったことになってしまいます。また一緒に働く人は年配者であることがほとんどです。

  • ポスティングの仕事

ポスティングは一人で指定された住所にある家やマンションのポストに宣伝のチラシなどを入れて回る仕事です。まず一人ですることは間違いありません。仕事は事務所に行ってチラシと地図を受け取り、あとは一人でもくもくとポスティングしていくだけです。

報酬は時給でなく、チラシ1枚5円といった具合に決められることが多く、戸建てばかりをポスティングするような地域では割に合わないこともあります。また雨の日には仕事ができません。

一番、面倒なのはマンションの管理人に出くわすと「やめてください」などといわれる点です。慣れるまでは人の気配にびくびくすることもあるといいます。

  • 農業の仕事

農家、酪農、養鶏などでも求人をしています。体力的にはきついかも知れませんが、黙々と作業するので人との関わりはかなり避けることができます。中には寮費が無料というところもあり、家賃がいらない分お得となっています。

仕事は朝8時から夕方6時くらいのところが多いので、がっちり稼ぎたい人にはいい仕事だといえるでしょう。農家と言っても法人であるところが多いため社会保険が適用になるのがメリットです。

引用:https://pixabay.com

人と関わらない仕事【女性編】

ネットのおかげで「家で出来る仕事」がほんとうに多くなりました。人と話をするのが苦手な女性にとっては喜ばしいことです。あとはしっかり稼げるかどうかが問題です。在宅ワークはいくつか掛け持ちするのが安定していいでしょう。

  • ライティングの仕事

ライティングの仕事は慣れるまでが大変です。またクライアントによってルールやマニュアルが違うので最初は戸惑ってしまうことも多いでしょう。ですが需要と供給が潤沢ですのでいくらでも仕事を見つけることができます。

同時にライバルも多いので、案件の少ない会社だと感じたらすぐに他を当たる必要があります。「完全に在宅でできる」というのがライティングのメリットでクライアントと面会することもありません。最初は単価が低いかも知れませんが、文章を書く力がついてきたらだんだんと高単価な仕事を選んでいけばいいでしょう。

  • ブログアフィリエイト

ライティングの仕事よりさらに人との関わりのない仕事になります。問題は収入が発生するまで続けられるかということになります。収入が発生し始めれば、そのブログを元にどんどんと収入を増やしていくことができるようになりますが、それまでに多くの人が諦めて辞めてしまうのです。

ただしブログアフィリエイトがうまくいけば、一生、仕事で人と関わりを持つことなく生きていけるでしょう。理想的な仕事です。

  • ハンドメイドの仕事

ハンドメイドが好きな人にはぜひ、作品を作って販売してください。人に喜ばれる作品を作ってネットで売るなんてステキな仕事です。イメージがわかない人は「ミンネ」のサイトを見ればすぐにどのようなものかがわかります。

ひな祭りや端午の節句などの季節ものをモチーフにした作品はとても人気が高いようです。多くの主婦もやっている仕事ですのでアプリですべて手続きができるようになっていてわかりやすく、すぐに始められます。

引用:https://pixabay.com

人と関わらない仕事【男性編】

男性も職場の人間関係に悩み、「うつ」を発症する人が増えているといいます。一旦うつになるとその後は「対人恐怖症」まで併発することがあるといいますから、出来るだけ人と関わらない仕事を選んだ方がいいでしょう。

  • トラック運転手の仕事

トラック運転手の中でも出来るだけ長距離の仕事が人と関わることが少ないと言えます。早朝や深夜勤務もありますが、短距離のルート配送よりも給料もいいでしょう。今はトラックのドライバー不足ですのでいい条件で仕事を見つけられる可能性が高いです。

運送業界は非常に働きやすく待遇もよくなってきています。休日日数なども一般の会社員と同じようになりました。荷物の増加もあって業界全体で景気がいいのもトラックの仕事ならではのメリットです。月給は20万円~30万円、大型になるほど給料はよくなります。

  • 警備員の仕事

警備員も人手不足だと言われていますので仕事を見つけるのは難しくないでしょう。警備員はバイトの場合だと仕事が単発になってしまい、しっかりと稼げないので警備会社に正社員として就職し契約先の場所へ派遣されるのが好ましいです。

また警備員には多くの資格があるので働きながら取得しておくことで、スキルアップが目指せます。定年まで仕事にあぶれることもありませんのでじっくり腰をすえて働くことができるでしょう。

  • ユーチューバーという仕事

ユーチューバーはブログアフィリエイトと同じで稼ぎ始められるまで動画制作を先行投資しなくてはなりません。しかしチャンネル登録数が達成できれば、その後はどのような仕事よりも収入が大きくなる可能性が高いです。

ユーチューバーは「ユーチューブクリエイター」とも呼ばれ、これから日本でも発展していくコンテンツビジネスの作り手です。今はまだ仕事としての認知度は低いかも知れませんが今後どんどんとユーチューバーは増加していくと言われています。

  • デイトレーダーの仕事

株やFXを仕事にするのなら、他人との関りはありません。あるデイトレーダーはほとんどマンションからでることなく1日中パソコンと向き合っているといいます。月の平均利益は200万円だというからすごい才能です。

トレードは1日9時間、株とFXの両方で利益を上げていって、さらに勉強や情報収集は1日2時間ということですから会社員並みに仕事をしていることになります。人と関わらずに稼げるのなら申し分ないですね。

引用:https://pixabay.com

人と関わらない仕事のための資格

ほとんどの資格は人との関わりがあってこそ仕事となるのですが、資格を取ることで人と関わらない仕事につけるケースもあります。ここでは資格を取ることで出来るだけ人と関わらないで済む仕事をご紹介します。

  • 認定プロクター(認定試験監督者)

認定プロクターとは「試験監督」の認定試験に合格した人に与えられる資格です。認定プロクターになると資格を持つ監督者として登録され、試験が行われる会場の設置や運営、試験監督などの業務が依頼されます。

試験監督の仕事は学生の本人確認、試験監督、解答用紙回収、最終確認など試験全体の運用にかかわる仕事ですが、基本的に試験を監視することがメインとなりますので人と関わることが少ないと言えます。

  • CAD検定試験・CADアドミニストレーター

ひとことでCAD検定試験と言っても建築や機械などの種類によって多くの資格があります。CADの資格を取ることで設計図や製図ができることが証明されますので、クラウドソーシングで仕事ができるようになるのです。

CADの仕事は建設会社や自動車メーカー、アパレルや電機メーカーなど多くの業種で必要とされますので仕事がなくなることもありません。クラウドソーシングだけでは生活できずCADオペレーターとして就職する場合でも、基本的にパソコンに向かっている仕事ですので人との関わりは少ないでしょう。

  • 管理栄養士(栄養管理士)

管理栄養士とは病院や学校などで食事の献立などを指導する仕事です。最近では動物園でも管理栄養士が必要とされるようになってきました。食事によって病気の予防や治療に積極的にアドバイスする立場で食についての多くの知識を身につけなくてはなりません。

管理栄養士の仕事は病院などに就職する必要がありますが、基本的に一人で業務にあたることが前提ですので安定して稼げる仕事の中でも対人ストレスの少ない職業だといえます。

管理栄養士の資格は大学や短大の家政学科で取得することが一般的ですが、がんばれば通信講座でも取ることが可能です。高齢化社会となっている今、老人ホームなどでも求人が多いですので将来的に安心できる資格だといえるでしょう。

これらのように資格を取って専門職となれば、単独で仕事をすることができ、わずらわしい人間関係も避けられるようになります。そして何より生活を安定させることが大事ですので収入面のことを考えると資格はとても有効です。試験に合格するまでは大変かもしれませんが是非、チャレンジしてください。

引用:https://pixabay.com

人と関わらない生活と方法

人と関わらない生活というのは心を乱されることもなく、変な気をつかう必要もないとても静かなものです。誰もが自分のことに精一杯で人の気持ちを思いやるということも少なくなった今、人と関わる社会から逃げ出したいと考えている人はとても多いといわれています。

  • 人と関わらない生活と方法

人と関わらないで生活するには2つの方法があります。

  1. 家族、パートナーに養ってもらう
  2. ネットで稼ぐ

この2つの方法しかないのではないでしょうか。

1の方法はいわゆる「引きこもり」や「ニート」の状態です。今、日本では引きこもりやニートが年々増えていっていて政府が新たに予算を計上したといいます。内閣府の調査では15才~39才までの引きこもりの人数は全国で約54万人であることがわかりました。

また高年齢化が進んでいることも問題視されていて、中には50代の子を80代の親が面倒を見なくてはならないケースもあり「8050問題」と呼ばれています。引きこもりのうち3分の1が精神疾患(うつ病や統合失調症)3分の1が発達障害、3分の1がパーソナリティ障害となっています。パーソナリティ障害の場合は身体的な病気ではなく、性格上「傷つきやすい」「人を傷つけてしまう」といった特徴をもっています。

家族やパートナーに養ってもらうと言っても、親に養ってもらうのにも年齢的な限界があります。困窮しないためにも、2つ目の方法に目を向けてみても良いかもしれません。

2つ目のネットで稼ぐという方法はそもそも家族に頼ることのできない人が選択できる方法です。実際に多くの人が人と関わらない生活を手に入れるため、ネットで仕事をしています。ブログを書いたり、ライティングをしたりと極力、人との関わりを避けて生活する方法で生計を立てているのです。この方法なら同じ引きこもりでも家族に負担をかけたり、悲しませたりすることはありません。

人と関わりたくないという思いは時には武器になります。なぜならネットでする仕事を成功させる以外に道がないからです。誰とでも人間関係をうまく成立させられるコミュニケーション能力の高い人が簡単に諦めてしまうことでも、必死でかじりつくことができるでしょう。

人と関わりたくないという思いが強ければ強いほど、ネットでの仕事の成功の可能性は高くなるのです。もし人と関わりたくないという感情が一過性のものではないのであればネットで生活できる基盤を作ることで将来の不安に備えるのが賢い方法だといえるでしょう。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村