書いた文章が読まれている=間違った常識・・・?【でっちん弟子日記】


【バナナデスク】公式LINEアカウント
※ネットビジネスで稼ぐための思考法や役立つ情報を配信中

友だち追加
※登録できない場合は「@bnnline」で追加をお願いします。

書いた文章が読まれている=間違った常識・・・?

でっちん
金曜日担当のでっちんです!

本日は″衝撃的な真実″をお伝えします。

読まれていない文章とは?


このLINEマガジンを読まれている多くの方は、ブログかYouTube、また情報配信のメルマガでアフィリエイトを実践していると思います。

そんなアフィリエイトで欠かせないのが、文章を書くこと。そして衝撃的な真実とは、あなたが書いた文章は″ほとんどが読まれていない″という事実。

『え?なんで・・・読まれてるでしょ?』

と思った方もいると思いますが、それこそが間違った常識です。もう少し正しくお伝えするなら、アフィリエイトを実践しているのに結果が出ていない場合、その原因こそが”読まれる文章を書けていない”という可能性が高いのです。

認識しておいて欲しいのが、世の中の人はそんなに暇ではないということです。特に現代はスマホなどでいつでも膨大な量の情報を入手することが可能。情報の波に飲み込まれていると言っても過言では無いのです。

ですから、あなたの書いた文章をユーザーに読んでもらうにはテクニックが必要です。そんなテクニックの中から、最も簡単でかつ強力な方法を今回はシェアします。

読まれる文章を書くためのコツ

それは、ペルソナ=ターゲットをより明確にする、ということ。例えば、あなたが30代のサラリーマンで、メルマガを書いているとします。

一番簡単な方法は、自分と同じ30代のサラリーマンで、家族構成や生い立ちまで、より詳しくターゲットをイメージすること。

そのターゲットに向けて文章を書くのです。普通は、より多くの層を取り込みたいので、いろいろな世代に向けて文章を書きがちですが、絶対にやめて下さい。

理由は、ターゲットか明確になっていないメッセージは、読み手に刺さらないから。読まれなという事です。例を出して説明します。

駅前で演説をしている政治家と、その駅前を通りかかったあなたは田中という名前で30代のサラリーマンとします。

その政治家が、

政治家さん
「皆さん、私はあなたたちの生活を良くするために国会で戦います!」
と叫ぶのと、
政治家さん
「そこの田中さん、私はあなたの生活を良くするために国会で戦います!」
だと、前者はスルーする人が多いですが、後者はビクッっと反応しますよね。名前は大げさですが、
政治家さん
「30代サラリーマンの方!私はあなたたちの生活を良くするために国会で戦います!」
と言われた方が”皆さん”というキーワードより、反応します。

要するに「この言葉(文章)は自分に関係あるな!」と思わせなければ、ユーザーは反応しない。そう考えてください。

ライバルと差別化をはかるためには

ですから、ブログ、メルマガ、YouTubeでも、ターゲットをより具体的にかつ明確に設定する、という意識を持つ事が非常に重要です。

この考え方を取り入れるだけで、他多数のライバルを圧倒する文章が書けますし、商品が飛ぶよう売れるようになるはずです。何故なら、あなたの文章が読まれるようになるから。

読まれるようになれば、あなたが伝えたい事がユーザーに伝わる可能性が格段と上がるからです。少しキツイ言い方をしますが、いくら良い文章を書いたとしても、読まれなければそれはただのゴミ屑と一緒。

ユーザーに文章を読んでもらうためのテクニックは、非常に多くのものが存在しています。このラインマガジンでは少しずつ解説していきますので楽しみにしていてください。一気に覚えようとしなくても大丈夫です。

あなたのペースで継続していく事、これが間違った常識を破壊して成功を掴み取るために1番重要です。

でっちん
【本日お伝えしたこと】
ペルソナ=ターゲットを具体的かつ明確にすること。が文章を書く上で最も重要。
 
 

【バナナデスク】公式LINEアカウント
※ネットビジネスで稼ぐための思考法や役立つ情報を配信中

↓↓↓
友だち追加
※登録できない場合は「@bnnline」で追加をお願いします。


人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1 個のコメント