お金持ちになる方法!【あなたもなれる!】


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

お金持ちになるためにはどうすればいいのでしょうか。ただ働けばいいということではありませんね。そして一時的にお金持ちになれたとしても、持続しない限りお金持ちとはいえません。

お金持ちの特徴

お金持ちには共通する特徴があります。不思議なもので多くの人がその特徴を指摘しています。お金持ちの特徴を取り入れることで、お金持ちに近づけるかも知れませんね。

●財布がきれい

お金持ちの財布はだいたい長財布です。お金を折ることでお金が出ていきたくなるという人もいます。またレシートや小銭をお札と一緒にしないことが多いといいます。とにかくお札の居心地のいい環境を作ってあげているのです。

●靴がきれい

お金持ちの靴はハイブランドではなくても、とても上質できれいに磨き上げられています。「足元を見られない」という言葉が関係しているのでしょうか。昔から履物を見たらその人の身分がわかるといいます。

●ムダづかいしない

本当のお金持ちはとても質素に暮らすといいます。お金を大切にしているから「ムダなもの」とお金を交換したりしないのです。そのかわりに家族や自分の大切な人へのプレゼントの購入や自分に投資するためにはお金を惜しみません。

●ストイックなところを持つ

ストイックといえば禁欲的という意味ですが、禁欲しているのではなく

「時間に遅れない」

「部屋が片付いている」

「早朝に起床する」

など生活全体にルーズさが感じられないのです。

●読書が好き

お金持ちはよく本を読んでいます。それもジャンルを絞らずさまざまな本を選んでいます。お金持ちには勉強熱心な人が多いので、本からいろんな思考パターンや感情を読み取り自分のものとしているのです。

●ポジティブである

お金持ちにはネガティブな発想を持つ人はいません。例えば何か問題があったとしてもふつうの人のように落ち込む前に解決するための行動を起こしています。セミナーや講演会に行くことも面倒であると考えておらず、新しい情報を仕入れに行くのだと考えて行動しているのです。

●験を担ぐ(げんをかつぐ)

げんをかつぐとは「縁起をかつぐ」という意味で昔から伝わるげんかつぎをしている人が多いです。そのため悪い言葉をつかわなかったり、家に盛り塩をしたりしています。また風水や方位学を大事にしている人も多いですね。

●近所の人に腰が低い

これもお金持ちの人に多い特徴で、近所に住む人に対してとても礼儀正しいです。挨拶はもちろんのこと、家の工事などするときは主人自ら菓子折りを手にお詫びにまわることもあります。

いかがですか。思い当たることはありましたか。お金持ちといっても色々ですよね。大昔からの地主さんや実業家家系である場合、一代で会社を築いた場合、はたまた一攫千金で儲けた場合など、それぞれ少しは違いがあるのかも知れません。

引用:https://pixabay.com

お金持ちになる方法【男性編】

お金持ちになる方法は、お金持ちに近づく、お金持ちのマネをしてみる、それが最短のルートだといえるでしょう。お金持ちのやり方、考え方、取り組み方を知ることがまず最初の第一歩です。お金持ちはやっぱり違うのです。成果を上げるだけのことをしている、そしてその方法を知っているのです。


お金持ちのしている職業


ではお金持ちがどんな職業についているのかを見ていきましょう。

国税庁の統計データによると、高額納税者の割合は次のようになっています。

1位:起業家・経営者(31.7%)

2位:医者(15.4%)

3位:経営幹部(11.6%)

4位:芸能人(1.3%)

5位:スポーツ選手(0.9%)

6位:弁護士(0.4%)

出展:http://kigyo-ka.com/00686/

いかがでしょう。お金持ちの多くが起業家や経営者だというのがお判りいただけたかと思います。必ずしも学歴や国家資格を持たなくてもお金持ちになれる可能性はじゅうぶんにあるということです。

起業家や経営者になればお金持ちになれるということが、わかったところで、ではどうすれば起業できるのでしょうか。


起業する方法


  • 何をするか決める

これが一番重要な課題です。自分は何をしたいのか、そして何が自分に向いているのかを整理してみましょう。もし、確たるものがなくて「お金持ちになりたい」のなら、最初に申し上げましたが「お金持ちのマネ」をしてみてはいかがでしょうか。

「お金持ちが何をして稼いでいるのか」を知ることが大きなヒントです。そしてどのように考えて、どのように取り組んでいるのか、すべてをマネるところからスタートしてみてください。

  • どうやってするか

企業をするからといって法人にしたり事務所を構えたりする必要はありません。個人事業主として始めれば税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出するだけで、お金もかかりません。

法人にすると法定費用や専門家への代行料で30万円くらいかかってしまいます。最初はお金をかけない形で起業するのがいいでしょう。

  • 人脈を広げる

人脈とひとことで言っても、作らない方がいい人脈もあります。お金持ちになりたいのなら「お金持ちとの人脈」を広げていきましょう。お金持ちの人からはお金持ちになるパワーがもらえるのです。

反対にお金のない人との人脈は時間のムダになることもあるでしょう。こういうとお金のある人とない人を差別しているように聞こえるかもしれませんが、自分がお金持ちになりたいなら、それが理にかなっている人脈を広げる方法なのです。

引用:https://pixabay.com

お金持ちになる方法【女性編】

女性がお金持ちになるには今も昔も資産家のパートナーを見つけて結婚するのが一番だといわれてきました。確かにセレブな奥様というのはうらやましい人種です。だけど本当にそれが幸せなのかどうかは、外から見ただけではわかりません。

それにある日いきなり夫が一文無しになってしまうことだって可能性ゼロではないのです。そのため資産家と結婚したとしても、経済的に自立できる女性であるべきなのです。


お金持ちの女性の特徴


お金持ちの女性の特徴としてあげられるのは「華やかさ」です。美人であるとかファッショナブルといった見た目のことではなくて、性格や話題が華やかなのが、お金持ちの女性の共通点だといえるでしょう。だから当然まわりには人が集まるのです。

そして、一見、大雑把なのかと思えてもじつに細やかな感受性を持ち合わせています。観察力も鋭く、さまざまな分野に対して「発見力」があるのです。それは物だけに限らず、対人関係でも大きく活かされています。

人の話をよく聞いていて、何気ない会話の中で聞いたことをよく覚えていて、相手の好みなどをよく把握しています。相手のいいところを見つけるのが上手なんですね。

  • 華やかな性格
  • 細やかな感受性
  • 人の話をよく聞く

このお金持ちの女性の特徴をまずは取り入れてみましょう。何事も形から入るのは大事ですから。


女性がお金持ちになる方法


お金持ちの女性になりたいならおすすめはネットビジネス、しかもアフィリエイトです。じつはグーグルアドセンスや広告バナーアフィリエイトというのはまだまだ、男社会なのです。ですから、女性が書くブログや商品紹介は圧倒的に有利だといえるでしょう。

商品紹介にしても、男性以上に購買意欲をわきたてることができますし、管理もよりマメにすることができるのです。女性目線ならではのブログを始めることでお金持ちになりましょう。


アフィリエイト始める上で大事なこと


アフィリエイトをするためにはまずは「教科書」を手に入れなくてはなりません。ですがこのアフィリエイトの教科書というものはインターネット上であふれかえっているのです。そのため、内容の乏しい、または間違った誘導をするものも少なくありません。アフィリエイトを始める上で大事なことは「サポート」がしっかりとした教科書を手に入れることです。

お金持ちになることで女性はどんどんと美しくなります。食べ物はもちろんのこと美容用品やサプリなどのランクが上がりますし、何よりも笑顔が輝くようになります。

引用:https://pixabay.com

お金持ちの生活とは?

お金持ちの生活といわれて想像するのは、高級ブランドを身につけて、旅行は飛行機のファーストクラス、海辺には別荘といった感じでしょうか。お金持ちにもいろいろありますが弁護士やコンサルタントなどのお金持ちに接することの多い人は、お金持ちは意外に質素であるといいます。


倹約家であるお金持ち


●ビル・ゲイツ(Microsoft元会長)
飛行機に乗るときは極力エコノミークラスを利用。

ウォーレン・バフェット(投資家)
若い頃購入した郊外の家に住み、愛車は旧式フォルクスワーゲン。

マーク・ザッカーバーグ(Facebook CEO)
いつも同じTシャツを着ることが多い。

スティーブ・ジョブス(Apple元ファウンダー)
いつも同じ服装をしていた。

堀江貴文(livedoor元社長)
服はすべてネットで買い、時間を節約していた。

出展:http://www.mondorich.com/japanceleb/jpcelebstyle.html

世界のお金持ちが倹約家ということがわかりますが、同時にファッションに興味がないことも感じられますね。またお金持ちの家はムダなものがなくスッキリしているともいいます。


お金持ちの朝は早起き


フォーブスが億万長者に行ったアンケート結果では、朝7時前に起床している人が8割以上もいることがわかりました。

起床時間
●~AM6:00 43.2%
●AM6:00~7:00 19.6%
●AM7:00~8:00 19.6%
●AM8:00~9:00 13.7%
●AM9:00~ 3.9%

出展:http://www.mondorich.com/japanceleb/jpcelebstyle.html

またプレジデントONLINEが行った調査でも年収の多い人ほど朝が早いことがわかっています。朝が早い人ほど時間の使い方がうまく、高収入になるというのです。

  • 年収600万円未満→朝型3割
  • 年収1000~1400万円→朝型6割

 

アップルのCEOティム・クック氏は4時半起き

ディズニーのCEOボブ・アイガー氏は4時半起き

スターバックスのCEOハワード・シュルツは4時半起き

ナイキのCEOマーク・パーカー氏は5時起き

ゼネラルエレクトリックのCEOジェフリー・イメルト氏は5時半起き

出展:http://moneybu.com/richi-practice-morning

お金持ちたちが朝早く起きて何をしているのかというと、その日のスケジュールを調整したり、読書や勉強の時間にあてたりしているようです。朝はもっとも脳がスッキリしていて何をするにも効率がいいといいます。

また、誰よりも早く出社して社員のためにコーヒーを入れる社長や、毎朝、近所の大通りをそうじするという重役もいるというから感心します。


お金持ちは健康に気をつかう


お金持ちが一番気を遣っているのが健康管理です。ジムに行く、良質な食事をとる、タバコを吸わないということは多くのお金持ちの生活スタイルの共通点です。アメリカではお金持ちと低所得者層の平均寿命が違うという調査結果もあるくらいです。お金で健康が買えるともいえますね。

引用:https://pixabay.com/

お金持ちの職業とは?企業経営者

企業経営者

社長さんといわれる人ですね。個人事業主と違い、会社から役員報酬を毎月受け取りますので安定して稼いでいます。また報酬額も自分と役員で決めることができますので、会社の収益によっては欲しい額を設定できるのです。

そのため大企業の経営者よりもお金持ちであることはざらにあります。ただし経営のかじを取り間違うと倒産という危険性があります。

●開業医

医者だから儲かるということではなく開業することが必要になります。勤務医と開業医とでは収入はまったく違いますので、医者は開業しなくてはお金持ちにはなれないでしょう。

また開業するには医療設備など相当な初期投資がかかってきます。そのため、もともと親が資産家である場合が多いのです。人の命にかかわる仕事ですので、訴訟を起こされるなどのリスクもありストレスの多い職業のひとつです。

●投資家

投資はギャンブル性があるように思われていますが、個人投資家など実に手堅く儲けています。数十億の資産を築いている人も多くいるでしょう。投資家は投資で得た資産でさらにお金を増やしているのです。

まさにお金はお金に集まるようになっているのですね。トランプさんのようにおじいさんからの代々の資産をもとに投資をしてさらに会社を大きくする人もいれば、裸一貫で資金を作って投資家になった人もいます。

●政治家

政治家は「カネと政治」という汚職のイメージがありますね。ですが、政治家の給料はとてもいいのです。県議会議員になると年収は平均して1400万円ほどになります。その他にも政務活動費として年に400万円ほどが調査や研究の費用として使うことができます。この上政治献金や政治資金収入、政党からの活動費が支給されます。

政務活動費でプライベート旅行に行きニュースになって辞めた政治家がいましたね。これだけ収入を得ているのにもったいないことをしたものです。政治家は人気を落としてしまうと再起できません。

●ネット起業家

お金持ちとは社長や芸能人、スポーツ選手といった特別な才能を持った人というイメージでしたが、今の時代ではYouTubeやブログアフィリエイトで誰でもが起業できるようになりました。そしてネット起業はほとんど資金を必要としないので失敗やリスクがないという素晴らしいビジネスです。

融資をうける必要もなく、そしてうまくいけば月に何百万もの収入を得ることができるのです。この時代に生まれたならチャレンジするのも面白いのではないでしょうか。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村