学歴コンプレックスの解消法!克服して幸せに!


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

学歴コンプレックスとは自分の学歴に対する「劣等感」を指します。中学しか出ていない、高校卒業で進学をあきらめてしまったといった人が持つことが多いのです。さらには卒業した大学のランクによっても学歴コンプレックスはあるといいます。

学歴コンプレックスとは?

  • 学歴コンプレックスの重症化

学歴コンプレックスを感じ始めるのは社会に出て働きだしてからというのが多いです。「自分に自信が持てない」という気持ちが否定できず、他人よりも自分が劣っていることが気になって仕方ありません。

仕事上でも必要以上に自分に知識がないことで堂々と発言することができず、いつもびくびくしてしまうようになれば、重症の学歴コンプレックスであるといえるでしょう。学歴コンプレックスを持つことが危険なのは、本人の持つ性格や性質までを変えてしまうことです。

悩みや劣等感に苛まされていることで、うつ状態に発展することもあります。うつ状態にまでなってしまうと「やる気がでない」「睡眠がよく取れない」「朝が起きられない」「人と関わりたくない」といった社会生活にも支障をきたすようになってしまうことが考えられるのです。

そうなってしまうと人と目を合わせることもおっくうになり、また仕事でもミスがよく見られるようになります。自分が学歴コンプレックスだと感じるなら、そこから抜け出す準備をしなくてはなりません。大丈夫です。必ず抜け出すことができます。

  • 芸能人も学歴コンプレックスを持っている

学歴などまったく必要のない芸能界でも学歴コンプレックスを持っている人は多いです。コメンテーターとして呼ばれた番組で「自分だけ高卒だから、話をしたってテレビを見ている人に説得力ないだろうなと思う」そういうのはカンニングの竹山さん。

また中卒である坂上忍さんも学びの時間がもっと欲しかったといいます。東大生に逆切れした坂上さんですが、「中卒ママvs高学歴ママ」という番組企画では高学歴ママの子育てを見た後、「親に学歴が必要かどうかといったら、子供に選択肢が広がるという意味で学歴はあるに越したことはない。」とコメントしたそうです。

タレントの千秋さんは自分の学歴を「四流短大」といって超コンプレックスだったこと明かしています。ですが「それを一生引きずりたくないから東大出身者より給料が高くなればいい。」と考えたそうです。そして実際に給料が高くなった時点で学歴コンプレックスは消えてなくなったのでした。

意外にも学歴コンプレックスを持つ人は多いようです。大学にもランクというものがあって卒業した大学によってはバカにされていると感じていたり、学閥のせいで出世できないと思っていたりする人は少なくありません。学歴コンプレックスとは感じている人にとっては深刻で厄介なものだといえるでしょう。

引用:https://pixabay.com

学歴コンプレックスを持つ女性の特徴

一般的に男性にくらべて学歴コンプレックスが少ないといわれている女性ですが、じつは女性は男性より隠すのが上手なだけで学歴コンプレックスを持っている人は多いのです。さらに自分の彼氏の学歴にもコンプレックスを持つという場合もあるといいます。

  • 資格取得に熱心

学歴コンプレックスを持つ女性はとにかく「資格取得」に対して並々ならぬ努力を惜しみません。男性と違って積極的に自分の価値を高めていくのが女性の特徴です。簿記3級、マイクロオフィススペシャリスト、実用ボールペン字、漢字検定などジャンルは選びません。

  • 女子力高め

「高学歴女性に勝つ」ことに意義を感じるあまり女子力を高めることにも手を抜きません。メイクやファッションはもちろんのこと、お茶入れも率先してします。また歓迎会や送別会などのお酒の席でもお酌、小皿への取り分けなど女子力高めをアピールするでしょう。

男性社員からの評価が高学歴女性よりいいことで、大きな満足感を生むのです。そのため「ふせんにおつかれさま」なんてメッセージは得意技のひとつです。

  • 自分の学歴を言わない

何かの流れで出身校の話が出た時でも学歴コンプレックスを持つ女性はぜったいに自分の過去を語りません。出身地についてもあまり語りたがらないことが多いです。

  • 高学歴女性と付き合わない

学歴コンプレックスのある女性は高学歴を持つ女性の同僚とは付き合いを避けます。これが男性と女性の大きな違いです。男性は同僚であれば学歴コンプレックスを持っていてもさりげなく付き合うことができますが、女性の場合は拒絶反応が強いといえるでしょう。

  • 彼氏の学歴にコンプレックス

女性自身はランクもそれなりの大学卒業の学歴を持っていても、彼氏の学歴が低いことで学歴コンプレックスを持ってしまうケースもあります。彼氏のことはとても好きだけど、友達の彼氏と比較してなんだかつまらない男性と付き合っているような気分になることもあるのです。

彼氏の方からすればまさか自分の彼女がそのように感じているとは想像もつかないでしょうが、彼氏の出身大学も彼女にとっては「ブランド」のひとつになります。そんな彼女とは早く別れた方がいいと言ってあげたくなりますが、彼女はしたたかでしっぽを出さないでしょう。

女性の学歴コンプレックスは男性よりもかなり複雑なようです。どちらかといえば男性より女性の方が学歴コンプレックスを克服しようとする意志が強いように感じますね。

引用:https://pixabay.com

学歴コンプレックスを持つ男性の特徴

学歴コンプレックスを持つ男性は、自分が学歴コンプレックスを持っていることを知られることを一番の屈辱に感じています。そのため周囲にはぜったいにわからないようにふるまいますが、やはり言葉の端はしから学歴コンプレックスを持っていることはそれとなくわかるものです。

  • 「どうせ」が口癖になっている

学歴コンプレックスを持つ男性は「どうせ」という言葉をよく口にします。「どうせ、行っても無理っぽいですね」といった感じです。「どうせ」とは「いずれにせよ」「所詮」などという言葉にも置きかえられます。

なぜ「どうせ」という言葉が口癖になっているのかというと、彼の人生観をそのまま表しているからです。「自分は学歴がないからどうせ頑張っても認められない。」すでに彼は自分の人生を学歴のせいで半ばあきらめているといえるでしょう。「どうせ」とは自分の劣等感の表れなのです。

  • 常に人とくらべる

学歴コンプレックスのある人はある意味、自分の価値観軸がずれているか持っていません。そのため人とくらべることでしか、幸福感も不幸感も感じられないのです。「あいつと俺とどっちの給料がいいだろうか」「俺ばかりが面倒なところを担当させられている」などといった風に人とくらべて自分の置かれている状況を嘆くことが多いといえます。

そう考えると学歴コンプレックスがあるばかりに幸福感を感じることが少なくなってしまうことがわかります。ほんとうに厄介ですね。

  • 高学歴な女性を嫌う

学歴コンプレックスを持つ男性は10中8,9の割合で高学歴女性を嫌っています。同じ職場であれば必要以上にその女性の「あら探し」をしたり、嫌味を言ったりするのです。女性からしてみれば、学歴コンプレックスを持っているのが見え見えでほんとうにうっとうしいものだと言います。

  • 人の学歴を知りたがる

学歴コンプレックスを持つ男性は相手を学歴で格付けします。自分が一番されたくないことを相手にするのですから考えてみたらおかしいことをしているのですが、相手が自分より上か下かを知りたくてしょうがないのです。

そして相手の学歴が自分より下なら安心し、逆に自分より上であれば卑屈な負け犬のような感情がおさえられなくなります。

これらに当てはまる人が職場にもいるのではないでしょうか。学歴コンプレックスは隠せていると思っていても、まわりには知られてしまっているものなのです。とても恥ずかしいですね。

引用:https://pixabay.com

学歴コンプレックスを克服すべきタイミング

学歴コンプレックスを克服すべきタイミングは次のことを感じた時です。

◆学歴を気にするのに疲れた

◆もっと楽しい毎日を過ごしたい

◆屈託のない人間になりたい

◆自分に自信を持ちたい

◆仕事をもっと楽しみたい

学歴コンプレックスを持っている状態というのは決して楽しい毎日ではないはずです。常に劣等感を持っているなんて健康的ではありませんし、幸せでもありません。ですから「学歴コンプレックスに疲れた」と感じた時は克服すべきタイミングであり克服できるチャンスなのです。

「もっと楽しい毎日を過ごしたい」と感じているあなたは、自分の学歴コンプレックスを整理してみましょう。学歴のせいでどんな影響があるのか、学歴のせいで楽しくないと感じるのはなぜか・・・。一度、整理することで学歴そのものよりもコンプレックスを持っていることに問題があることに気づくことができるでしょう。

「屈託のない人間になりたい」そう思ったあなたはとても大事なところに気づくことができたのです。コンプレックスの強い人間はまわりの人から好かれることはあまりありません。学歴コンプレックスを捨て去ることで、人から好かれる明るい人にきっとなれます。

「自分に自信を持ちたい」強くそう感じているあなたには逆の発想が必要です。「学歴が低くてもいい仕事ができる」ことに自信を見つけ出してください。目の前にある仕事に一生懸命取り組み、質の高いものにしていくことで必ずそれが自信につながっていくのです。

「仕事をもっと楽しみたい」とても素直で希望のある言葉です。仕事を楽しめるということはそれだけで人の何倍も価値のある人生なのです。これまでの学歴コンプレックスを捨て去ることであなたは多くのものを手に入れることができます。

学歴コンプレックスは害があってもいいことはひとつもありません。人間の価値を決めるのは学歴ではなく「人間性」です。「自分が」という我の前に相手の立場を思いやれる人になるだけでもあなたは社会にとって存在価値のある人になるでしょう。

卒業した学校ではなくて人間のランクを上げ、さわやかな人生を歩んでいってください。そして学歴コンプレックスをバネにこれまでの何倍もがんばれる人であってください。

引用:https://pixabay.com

学歴コンプレックスの解消法

学歴コンプレックスを本気で解消したいと考えるなら、これからおすすめするいくつかの方法を実践してみてください。あなたに合う方法であれば、わだかまりだった問題が解決できるかも知れません。

  • 小さな自信をつけていく

小さな自信でもいくつもあつまれば効果は大きいです。学歴コンプレックスのせいでこれまでは自分に自信など持てなかったと思います。自分に自信をつけるコツは決して自分を卑下しないことです。少々失敗しても頑張ったことをほめてあげましょう。

そして資格を取る、仕事で成果を出すなどチャレンジの幅を増やしていくことで「学歴がなくてもできる」という自信に結びつけるのです。

  • プライドを捨てる

学歴コンプレックスはプライドの強さからくることもあります。「自分はこんなはずじゃなかった」といった思いが強すぎたのかも知れません。親や兄弟の学歴が原因でプライドが捨てきれていなことも考えられますので、まずはプライドをリセットします。「自分は自分」「人は人」です。

ありのままの自分はどうでしょう。「やっぱりこんな学歴じゃ嫌だ」そう思えたらそれはそれで正しいのです。通信課程でもいいのでもう一度、学歴を取り直してみてはどうでしょう。失敗してもいいのです。無いものねだりの学歴コンプレックスよりずっとマシじゃありませんか。

  • プライドをつかみ取る

自分のプライドとの付き合い方は「捨てる」か「つかみ取る」のふたつにひとつです。間違ったプライドは捨てて、本物のプライドをつかみ取るということになります。タレントの千秋さんは言いました。「給料が高くなった時点で学歴コンプレックスは消えてなくなった」と。

社会に出てから学歴コンプレックスというものが多くみられるのも「収入格差」が大きな原因となっているからです。それなら千秋さんと同じように高学歴の人以上の給料をもらえば学歴コンプレックスはなくなるのではないでしょうか。

収入は人にとって大きな自信になります。最近では学歴を重視しない企業も増えてきました。そのような企業に転職するのもひとつの方法です。またダブルワークや副業といった収入の増やし方もあるでしょう。

ブログアフィリエイトやYoutubeで稼いでみるというのも収入を大きく増やすチャンスだといえます。もしあなたが毎月広告収入を100万円を得られるようになったとしたら、学歴コンプレックスなんて感じることはなくなるのではないでしょうか。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村