時間管理術で仕事と生活を効率化!


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

時間管理ということが今、仕事術のキーワードとなっています。時間管理ができているか否かで仕事の成果が大きく違ってくるのです。同じ時間内でどれだけのことができるかで1日の過ごし方や人生の充実度まで変わってくるというのは誰にとっても興味深いことだといえるでしょう。

時間管理できない人の特徴

時間管理ができないというのは、様々なことで損をしているといえるでしょう。それもちょっとしたボタンの掛け違いや取り組み方の勘違いから時間管理が苦手になっている人が多いのです。時間管理は心がけでうまくなることができます。時間管理の出来ない人の特徴からまずは陥りやすい傾向を見ていきましょう。

  • 時間管理のできない人の特徴:優先順位をつけるのが苦手

時間管理のできない人は何事においても、優先順位をつけるのが苦手です。仕事においてはどれの緊急度が高いか、誰からの依頼を先にするべきかを明確に決めることができません。仕事以外でも買い物に行くのが先か、友人に借りていた本を返すのが先かあいまいであることが多いのです。

  • 時間管理の出来ない人の特徴:行動力がない

時間管理ができない人は何事をするにも動きが鈍いです。後回し後回しにするので結局、切羽詰まった状態になってしまいます。人に言われないと行動に移さないといった特徴は常に追い込まれた状況を作り出してしまいます。

  • 時間管理の出来ない人の特徴:他人に誠意がない

時間管理ができない人は本人には悪意がなくても、他人に対して誠意がないのではと感じさせる一面を持っています。相手が困るからといった発想が薄く、自己中心的に見られてしまう傾向があるのです。違う言い方をすればマイペース過ぎるということになります。

  • 時間管理の出来ない人の特徴:残業しても仕事が終わっていない

時間管理のできない人はいつも残業をしています。その割に仕事を終わらせず帰宅するといった習慣を持っています。そして翌日、その仕事をすぐに片づけないというのも、よくある行動です。時間管理以前にやらなければならないことに対しての責任感が希薄だとまわりに誤解を生んでしまいます。

  • 時間管理の出来ない人の特徴:遅刻が多い

時間管理をできない人は他人の時間に対してもルーズです。そのため待ち合わせに遅れたり、出かける時間になってから用事を思い出したりとまわりの人間に迷惑をかけることが多いといえるでしょう。まわりの人間はそのことで少しくらい待っても怒ったりはしませんが、時間管理のできる人は決してそのように他人の時間をムダにすることはしません。

知らず知らずのうちにまわりに迷惑をかけていることを自覚していないのが時間管理のできない人の大きな特徴です。もし思い当たる節があるのなら、少しずつでも考え方を改めていかなくてはならないでしょう。

引用:https://pixabay.com

時間管理術【女性・主婦編】

女性は基本的に時間管理が得意だとされていますが、家事を一手に引き受けるとなるとやることは山のようにあります。さらに共働き、子育てとなれば時間管理をせずには生活ができないのです。女性にとっての時間管理術を実践している人の方法から見ていきましょう。

  • 女性の時間管理術:朝方に徹する

女性にとって朝の時間はとても重要です。しっかりと身だしなみも整えなくてはなりませんし、家族がいれば朝食やお弁当の準備も大事な仕事になります。時間管理がきちんとできている女性は朝の時間に余裕を持つことを心がけているのです。

朝はバタバタしない、そう決めています。早く起きることで家もきれいにでき、気持ちいい1日をスタートさせるのです。そのかわりなるべく夜は早く寝るように努めています。いつまでもテレビを見たり、だらだら家事をしたりしません。

  • 女性の時間管理術:家事は1週間でやりきる

何もかも完璧にするのは誰だって無理です。時間をうまく管理するコツはイライラしない、焦らないことです。そのため家事も1日につめこまないで1週間トータルで出来ればいいという風にざっくりと取り組みましょう。

家事の優先度は、食事の支度 → 風呂 → 洗濯 → そうじ → その他と決めて、それを1週間でやり切れたらよしとします。

  • 女性の時間管理術:しなければならないことは前倒し

時間管理術の目的は「余裕の時間の捻出」です。そのためにはするべきことをメモに書いておいて、空いた時間があれば前倒しで片付けていくようにします。用事を先に片付けておくことでいつもフリーな状態が保てるのです。何事も締め切りより前にしておくことで気持ち的にも余裕が生まれます。

例えばお風呂そうじはお風呂を入れる前にする主婦の方がいますが、お風呂そうじは自分が入った後にそのまますれば、バスタブも温かいので汚れがすぐに落ちて簡単に済ますことができるのです。

  • 女性の時間管理術:ながら家事で効率よく

女性の場合は、いかに「ながら家事」ができるかが勝負です。ケトルでお湯を沸かしながら、食器を洗ったりテレビを見ながら床拭きをしたりするなど、家事を連続させることが結果的に時短につながります。

できる主婦は夕食の準備をしながら、翌日の朝食や夕食の下ごしらえをするというから頭が下がりますね。ひとつの家事をしながら次の家事の段取りをイメージできていることが手際の良さにつながっていると言えます。今は時間管理が苦手な人でも意識することで徐々にできるようになりますので、がんばりましょう。

引用:https://pixabay.com

時間管理術【仕事編】

仕事では時間管理術がとても重要になります。そもそも時間管理ができていなければ仕事自体うまくいかないでしょう。ここでは少しでも仕事に役立つ時間管理術を上げていきたいと思います。

  • 仕事の時間管理術:常に時計を意識する

ひとつひとつのタスクをただ急いでするのではなく、「11時までにやりきる」などと時間を切って取り組むようにします。人間、制限時間がある方が作業効率は、はかどるのです。またそうすることで自分の仕事時間の見積もりも立てやすくなり予定通りのスケジュールを計画することができるようになります。

  • 仕事の時間管理術:残業は朝に

仕事の時間管理をする中で最も重要なことが残業をしないということです。残業は能率も悪く体調のバイオリズムを崩してしまう原因にもなります。もしどうしても仕事する時間をもう少し確保したいのであれば、早朝出勤して仕事に取り組むようにした方がいいでしょう。たとえ残業代がでなくてもです。目先の残業代より自分の将来性にかけましょう。

  • 仕事の時間管理術:仕事の重要度をつける

仕事をしているとついつい緊急度の高い仕事から優先的に取り掛かることになります。ですが仕事には緊急度がそれほど高くないけれど重要度の高い仕事があります。常日頃から「緊急度は高くないが重要度が高い仕事」をメモに書き出す習慣をつけるようにしてください。

そして緊急度の高い仕事が早くに終わった時など、メモに書き出した仕事に取り組むのです。重要度の高い仕事はある日、緊急度の高い仕事に転ずる可能性があること、そして経営全体にかかわる重要なマターですので緊急度の高い仕事以上にしておかなくてはならない事なのです。重要度の高い仕事をすませておくことで、のちに時間をかき乱される可能性がずいぶんと減ることになるでしょう。

  • 仕事の時間管理術:予測する力をつける

仕事の時間管理術の究極は将来に起こる仕事を先に片付けることになります。そんなことできるの?と思う人がほとんどでしょう。ですが仕事をしている以上は「その道のプロ」です。

過去の経験、そして業界の動向、マーケットなどから将来に起こることを予測する習慣を身に着けておきましょう。これまでそのようなことをしていなかっただけで、やろうと思えば必ずできるようになります。

やっていないのは会社員くらいで、ほとんどの経営者、個人事業主、起業家がやっていることです。サラリーマンと経営者の違いはこの点にあると言っても過言ではないでしょう。

引用:https://pixabay.com

時間管理術は手帳でOK?

時間管理術といえば手帳です。仕事をする多くの人が手帳を頼りにスケジュールや仕事の管理をします。最近の若い人では手帳を使わずにスマホを利用しているケースもありますが、時間管理術として機能しているのならどちらでも構わないでしょう。ただし、手帳に書くこと、スマホに入力することで満足していてはいけません。

  • 手帳で時間管理術:期限を切ること

やらなくてはならない仕事を書き込んだら、必ず期限を切ることが大事です。いつまでにする仕事なのか、期限が定められていない場合でも自分で期限を決めるようにしましょう。そして実際にかかった時間を書いておくことをおすすめします。後から見返したときの参考になります。

  • 手帳で時間管理術:改良を生み出すヒント

手帳は覚書とスケジュール整理といった役割が主なものですが、それ以外にも改良を生み出すヒントとなるコメントを書き込んでいきましょう。その仕事で気づいたことや感じたことなどをメモしていくのです。そうすることで自分のやった仕事についての反省や改良点が見つかってくるはずです。

  • 手帳で時間管理術:プライベートの予定を先埋め

手帳を購入したら、わかる範囲でプライベートの予定を先に埋めておきましょう。友人の誕生日、子供の運動会、親戚の結婚式などです。プライべートの予定があらかじめわかっていれば、その分、仕事を早く片付けるなど、段取りがはかどりやすくなります。プライベートな予定の前の日に残業しなくてはならないといったことも避けられるでしょう。

  • 手帳で時間管理術:目標を明確に描く

手帳には「やらなければならない事」だけでなく「やりたい事」も書くようにしましょう。自分の仕事に目標を立てて手帳に書き込んでいくことで、取り組んでいることや、これまでやってきた成果についても具体的に把握することができるようになります。出来れば3ヶ月後まで目標を明確に立てると、計画的に行動できるようになり、仕事の内容も充実したものとなるのです。

手帳は時間管理をする上で重要なアイテムです。うまく活用することで単なる予定表ではなく自分の企画書となります。手帳を振り返ることで正確な自己反省ややりがいを見つけることができるでしょう。

引用:https://pixabay.com

時間管理能力を身につけると…

時間管理能力とは自己管理能力のひとつです。自己管理には感情の管理やモチベーションの管理、お金の管理も含まれます。中でも難しいのが時間を管理することです。しかし時間管理能力を身につけることができれば「仕事の成果」と「自分の時間」を得ることができます。「仕事の成果」と「自分の時間」を得たことによる精神的な満足感はとても大きいといえるでしょう。

  • 時間管理能力を身につけると:仕事ができるようになる

誰にとっても1日は24時間しかありません。そしてその中で仕事ができる時間は限られています。その限られた時間を効率よく使える人が時間管理能力のある人です。時間管理能力のある人は普通の人が2時間かかる仕事を1時間で終わるなど仕事の能力が高く評価されます。

  • 時間管理能力を身につけると:人から信用されるようになる

時間管理能力のある人は遅刻をしません。また約束した期日を忘れることがないため、根本的なところで人から信用されるようになるでしょう。

  • 時間管理能力を身につけると:勉強する時間が持てる

時間管理能力のある人は仕事でも私生活でも時間を作ることが上手です。そのためにいつも何かに追われている人にくらべて自分の時間をしっかりと持つことができるのです。その時間は読書をしたり、ネットでわからないことを勉強したりと自分のスキルアップに役立てることができます。

  • 時間管理能力を身につけると:収入を増やすことができる

時間を生み出すことができれば、収入を増やすことも可能です。空いた時間に副業をすることもできますし、ブログを書いたりYoutube動画を作成したりするなど広告収入を得る準備もできるでしょう。

  • 時間管理能力を身につけると:将来について考えることができる

時間管理能力を身につけた人は、しっかりと自分の将来についても考える時間を持つことができます。多くの人は日々の雑務に追われて中々じっくりと考えられないものです。将来への投資や積立など大事なことを考える時間を持てることで未来の在り方が変わってくるでしょう。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村