ローン審査が通らない!どうすればいい?


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

ローンとは突然の出費によりこれまで貯めていたお金では足りない場合、銀行などからまとまったお金を借りて、借りたお金は毎月の給料から返済していくというものです。マイカーローンや住宅ローンが一般的なローンとなっています。

ローン審査の基準は?

ローンでお金を借りるには「審査」に通らなくてはなりません。車をローンで買う場合、車種もグレードもオプションも決めたのに、最後の最後で審査に落ちてしまい車が買えなくなるというのはよくあることなのです。

ローンに落ちた場合、ほとんどその理由を教えてもらえることはありません。ローン審査にはどのような基準があるのでしょうか。

  • 現在・過去の経歴

ローンの審査では現在、過去の借金やその返済方法などすべてが調べられます。金融機関では情報を共有しているので、銀行によっては現在、消費者金融から借金をしていることもわかります。その場合は審査がとおらないことがあります。

現在、消費者金融から借金をしていなくてもキャッシング枠のあるカードを持っているだけでNGだという厳しい銀行もありますので、事前に申し出るか解約する必要がでてきます。

また過去に借金の返済を61日以上延滞したことのある場合は「ブラック」とみなされ、ローンはほぼ100%審査を通過しないでしょう。

  • 勤続年数・雇用形態

銀行はローンの審査で勤続年数や勤務の形態も審査の基準としています。勤続年数が短い場合(1年未満)や雇用形態が「契約社員」「派遣社員」「パート」「アルバイト」などの場合はローンの審査が通らないということがあります。

要するに銀行はローンを申し込んだ人が安定して収入を得ているか、この先も継続して会社勤務ができるのかどうかを見ているのです。契約社員などの場合はいつ契約を切られるかわからず、ローンの返済に確実性がないと判断されることがあります。

  • 税金の滞納がある

銀行は税金関係についてはとても厳しいです。市区町村へ調査を入れますのでもし国民年金、住民税、所得税を支払っていなければローンの審査を通過しません。滞納などがある場合は支払えるだけ、すべて支払ってからローンの審査を受けなくてはなりません。

  • 年収300万円以下

ローン審査では年収も基準となります。基準は銀行によって違っていて、100万円以上、200万円以上なら大丈夫というところもありますが、年齢が高くなるにつれ基準が厳しくなります。一般的には年収300万円以下では審査の通過は厳しいと考えた方がいいでしょう。

ローン審査の基準は多岐にわたっています。離婚が原因であったり、親のブラックが理由であったりとまだまだすべては公表されていません。仕事が長続きしていない経歴なども基準とされているかも知れませんので、フリーターやアルバイトで生計を立てている人は注意が必要でしょう。

引用:https://pixabay.com

ローン審査にかかる時間や期間は?

同じローンでも種類によっては審査にかかる時間が違います。ローンでは事前審査と本審査の両方がある場合がありその場合は時間が長くなります。ではローンを種類別に見ていきましょう。

  • カードローン

カードローンは最も早く審査結果がわかります。カードローンでは主婦を対象にしているものもあり勤務先確認や収入証明書などの書類提出がないものが多いです。そのため即、審査結果が出るのです。時間にして数秒のところがほとんどでしょう。

  • フリーローン

フリーローンには事前審査があるものが多いですが、最短で即日回答が出ますので本審査と合わせても3日以内となります。フリーローンでは使用目的、身分証明書の提出が必要ですので事前準備をしておくことで審査の時間が短くなるでしょう。

  • カーローン・オートローン

車を購入するためのカーローンやオートローンはどこにローンを申し込むかによって審査期間が違ってきます。

◆銀行系:1週間~2週間

◆JA・ろうきん系:3日~7日

◆消費者金融系:即日~翌日

◆ディーラーローン系:30分~1時間

出典:http://xn--kck0c9eya6bc8308ekgua.com/zikan.html

  • 住宅ローン

住宅ローンは事前審査、本審査ともにもっとも時間を要します。住宅ローンの場合は借り入れ金額が大きいため審査項目も多く、提出書類が追加で請求されることもあり人によっては2ヶ月以上かかるということも珍しくはありません。では、アンケートで寄せられた住宅ローン審査の期間の割合を見てみましょう。

◆2週間~3週間:40%

◆1ヶ月:37%

◆2ヶ月以上:12%

◆1週間以内:11%

出典:https://www.jutapon.com/considering/review/flow-review/3120.html

審査の早い人はどういう人なのかというと、勤続年数の長い収入のしっかりとしたサラリーマンで頭金も十分に用意できていることがほとんどです。反対に時間がかかるというのは自営業であったり、他にもローンを組んでいたりする場合になります。ローンを通過するためには他のローンを一括返済することが条件となります。

カードローンやディーラーローンの審査が最も早いことがわかりましたが、ローンを組む場合は審査通過の時間よりも、金利がいくらなのかを基準にすることが賢い借り方です。少しでも金利の安いローンを選ぶようにしたいものです。

銀行系のカーローンでは提出書類が多いことと、受付窓口から事前審査への書類提出に時間がかかるため、どうしても審査が長くなってしまいますが、ディーラーローンより金利が安ければ選択する価値はじゅうぶんにありますので一度ご検討してみてください。

引用:https://pixabay.com

ローン審査が甘い会社は?

ローン審査ではなんと申し込んだ人の半数以上が「審査落ち」しています。またA社では審査に落ちたけどB社では通過したなど同じ条件でも会社によって審査の基準に差があるようです。それから同じ会社でもキャンペーンなどのタイミングであれば審査が甘くなる傾向にあります。

  • ローン審査が甘いといわれている会社はどこなのか

ローン審査については時期的なこともあって一概にどこが甘いのかというのは決定的な答えがありませんが「審査通過率の高さ」という指標が参考になるかも知れません。

◆アコム:48.3%

◆アイフル:46.6%

◆プロミス:43.9%

出典:http://xn--t8js6db3ita2diin0100gf0ui.com/fail/amai/

いずれも大きく違いはしないものの、アコムがもっとも審査通過率が高いといえます。とはいえ基本的に職業や年収、勤務形態、過去の滞納といった「信用情報」が審査の基本であることに変わりありませんので、定職がない人、収入が低すぎる人、過去に滞納がある人にとって甘い消費者金融会社はないものと理解してください。

またそのような不利な条件でもお金を貸してくれるという会社は法定外金利を設定している危ない会社ですので、お金を借りることは諦めて収入を作ることを考えた方がいいでしょう。

  • イオン銀行カードローン

会社員であればイオン銀行の口座不要、完全webで申し込めるイオンカードローンが便利です。もちろん年会費、入会金0円、コンビニATM手数料も0円。審査から5日ほどでローンカードを受け取り、すぐに引き出すことができ、または振り込みを受けられます。

融資額は10万円~800万円で資金の使い道は自由です。借り入れ利率は年3.8%~13.8%、20万円以下なら月々の返済は5,000円となっています。

  • 地方銀行系のフリーローン

地方銀行のフリーローンは比較的審査が甘いです。カードローンとは違い、融資を受けたら返済回数を決めて毎月均等に返していく必要があります。特に西京銀行のスマートプランではいくつもの会社のローン審査に落ちたにもかかわらず、審査を通過したという評判のいいフリーローンです。

来店不要、使い道自由で融資額は10万円~500万円、借り入れ利率は7.0%~12.6%と小額の場合にはカードローンより金利が安くで借りられるようになっています。

このように地方銀行から借りるというのも結果的に審査が甘いといったことがいえそうです。また信用金庫やJA、労金なども都市銀行や消費者金融より、借りやすい場合がありますので各金融機関の融資条件などを見ておくのがいいでしょう。

引用:https://pixabay.com

ローン審査に通らない時はどうすれば?

ここではカーローン・オートローンなどの自動車のローン審査に通らない時に的を絞って何か方法がないのかを見ていきたいと思います。

  • カードローンで借りる

オリックス銀行カードローン、三井住友グループのモビットなどネット系ノンバンクの金利は意外に低いです。たとえばモビットなら3.0%~18.0%、即日融資も可能となっていますから、カードローンでお金を借りることができれば車を買うのを諦めずに済みます。

カードローンのメリットは1度カードを作ってしまえば借り入れするたびに審査を受ける必要がないということです。すでに審査が通っていることで車の決済になってから困るということがありません。

  • 名義を借りる

かなり親しい人か身内でもないと難しいことですが、思い切って名義を貸してもらうのも車を諦めない方法です。日頃から信用を得ておく必要がありますが、現金を貸してほしいと頼むよりはハードルが低いでしょう。

また車の所有者が名義人となるため、どちらかといえば車を借りるようなイメージが強いのかも知れません。大事なことは信用してもらえる念書をきっちりと作成することです。ローンの返済金額は当然のことながら自動車税についても書面にしたためたうえでお願いするようにしましょう。

  • 頭金を作る

ローンは借りる金額によっても審査に通るかどうかが違ってきます。まずはある程度の頭金を作っておいてローンを依頼する金額を下げるというのも方法です。金額を低くしたことであっさりと審査が通過することもあります。

  • ローンに頼らない人生設計を作る

そもそもローンで車を購入するというだけで数十万円も金利手数料を支払うことになります。しっかりと仕事を選んでいればローンを組まなくても車を買うことができるくらいの貯金は貯まるはずです。

給料だけでは自信がないという人も副業を増やしてみたり、ネットビジネスを始めてみたりして収入全体の底上げをしてみてはいかがでしょうか。ローンを組むことが当たり前となっていることもよく考えてみればおかしいことなのです。

ローンが通らないことは、社会的信用がないといわれたと同然といえます。自分の力で車が買えるような人生設計に見直してみるのもいいのかもしれませんね。

引用:https://pixabay.com

ローン審査がブラックの人はどうする?

スマートフォンが普及するようになってブラックリスト入りした人が急増しているのだといいます。スマートフォンとは高額なものなので、支払いを分割にしているケースがほとんどです。とくに若い人はそのことをつい忘れて滞納をしてしまうこともあり、滞納3ヶ月目ではすでにブラックリスト入りになってしまいます。

  • ブラックでもローンが組めるところがある

ブラックなら100%ローンが組めないかというとそうでもないようです。かなり借りられる確率は低いのですが、過去にブラックでもローンが組めたという情報があります。

◆消費者金融キャネット

◆消費者金融フクホー

◆消費者金融アロー

◆消費者金融エニー

◆消費者金融ライフティ

これらの消費者金融では過去に返済を滞納したことがあるためブラックであったにもかかわらずローンが組めたという情報のある会社です。しかし金利は当然のことながら高めに設定されています。

  • ブラックがブラックでなくなるには

自分の信用情報がブラックである間は、新規に借り入れを起こすことが困難ですが、いつまでもブラックであるということはありません。多くの場合5年を超えないように定められていますので、ブラックになってから5年後には新しくクレジットカードを発行したり、ローンを組めたりするようになることが多いです。ただし収入や雇用形態などによってはブラックでない人と同じ審査基準でもローンが組めない場合もあります。

また滞納ではなく破産手続きをした人の場合は銀行が信用情報を10年間保持していますので、銀行ローンについては5年経っても審査がおりないことも考えられます。

  • ブラックになってしまったら

もし自分がブラックであるかどうか知りたい場合は「ブラックリスト」を取り寄せることです。「CIC」のサイトにアクセスすることでカード保有数から利用履歴、クレジット残高などの情報のすべてを手に入れることができます。

そして残念ながら自分がブラックになっていることがわかれば、あなたは基本的に「借金ができない状態」ということです。そのため、少しでも現金を作っておく必要が出てくるのです。今すぐ収入を増やす方法を見つけましょう。

元手がかからずに、かつリスクなく収入を増やす方法と言えば、YouTubeやブログです。特にYouTubeは、サーバーなどをレンタルする必要もなく、パソコン一つあれば簡単に始めることができます。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村