安定した生活に必要な年収は?


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

安定した生活を送りたいと誰もが思っているでしょう。安定した生活とはどのようなもので、どうすれば手に入れることができるのかを見ていきたいと思います。

安定した生活に必要な収入


安定した生活とは


安定にもいろいろあります。「経済的安定」「精神的安定」「肉体的安定」あなたにとってはどれが大切ですか。おそらく100人中100人が「すべて」と答えるでしょう。この3つの安定はお互いに引っ張り合う性質があるからです。

経済的に安定していなければ、精神的に安定することができませんし、精神的に安定できなければ健康すら害してしまうかもしれません。また精神的にも肉体的にも安定していれば経済的に安定させていくこともできるでしょう。


安定した生活に必要な収入


安定した生活に必要な収入は20代、30代の夫婦でだいたい年収400万円が平均だと言われています。そのため、共稼ぎをすることになるようですね。夫がサービス業だと年収の平均は345万円ですので妻がパートで補うなどする必要があるのです。

次の表が年齢別の平均年収です。

ただ年収400万円で最低限の安定があったとして、それがイコール満足ということではありません。多くの世帯でいわれているのが「月にあと10万円あれば・・・」ということです。

それはどんな年収の家庭でも共通するようです。月にプラス10万円で年間120万円ですので、安定する年収は400万円+120万円=520万円。年収520万円が一般家庭の「安定した生活に必要な収入」ということになるでしょう。


年収700万円の暮らし


年収700万円でも厚生年金や健康保険、住民税などを引くと月々の手取りは50万円ほどになります。生活費をシミュレーションしてみましょう。

  • 家賃:15万円
  • 光熱費:2万円
  • 通信費:1万円
  • 食費:4万円(外食も含む)
  • 日用品:2万円

<合計24万円>

残りは26万円です。その中から保険や趣味、交際費、旅行、衣服をやりくりするとなると貯金が10万円くらいはできるでしょう。


子供ができたら


夫婦二人をイメージして生活費を見てみると年収700万円ならプチ安定生活が送れそうですが、ここに子供が生まれたらいかがでしょう。教育資金などかなり厳しい状況になることが簡単に予測されます。とてもじゃないけれど安定した生活とはいかなくなると考えられます。

安定した生活とは人それぞれですが、自分にとって、将来の安定した生活のためにいくらの収入が必要かを考え直すことが大切です。収入を増やすことの重要性をあらためて感じますね。

引用:https://pixabay.com

安定した生活=高い年収 ではない?

安定した生活とはやはり年収によって支えられているといえるでしょう。ところが不思議なもので年収が上がっても、その分、支出が増えるというのが一般的な家庭の在り方です。安定した生活と収入についての研究がされていますので見ていきましょう。


安定した生活=高い収入ではない?


収入と幸福度について調査した心理学者ダニエル・カーネマン教授という人がいます。彼はノーベル経済学賞を受賞したことでも知られていますが「心理学者はノーベル賞受賞を喜びはするが、私を特別な存在にするとは思わない。」といった独特の理論を持つ人です。

彼の研究では人の幸せは年収7万5000ドル(約900万円)までは収入に対して増えるけれど、それを超えると収入による幸福度は増えなくなるといいます。これはアメリカ人45万人を対象に行った「健康と福祉に関する調査」からわかったものですが、概ね日本人にも当てはまるのではないでしょうか。


年収900万円で幸福度は上がらなくなる


「人の幸せや安定した生活はお金だけでは満たされない」そう語るのは慶應義塾大学の前野隆司教授です。

収入の低い人にとっては、身の安全や健康、そして食糧の確保という意味で、おカネを得ることが長期的な幸せにつながります。誰も寒さで凍えたり、空腹に悩まされたりする生活を送りたいとは思いませんからね。

しかし、一定限度を超えると、幸福度は上がらなくなります。そもそも金銭による幸せというのは長続きしないものです。人間は収入が増えれば増えるほど欲しがってしまうものなのですが、満足感は一瞬で消えてしまうものです。

出典:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41296


安定した生活には幸福度が重要


安定した生活を望むあまり体を壊すほど働いたり、家庭を大事にしなかったりとするのは本末転倒だといえます。人間は幸福度なしに安定した生活を送ることに意味を見出しません。バランスがとれていてこそ安定した生活だといえるのです。

そのバランスが取れている状態が年収900万円だと研究者たちはいいます。それ以上の年収を得るために多くは「健康」「家庭」「自由」といったものと引き換えにしなくてはならず、人生をトータルで見ると赤字になりかねないとも指摘されています。


幸福度を決めるもの


同じくダニエル・カーネマンの研究で人が何に幸福度を感じるかという調査結果があります。

<幸福度ベスト5>

1位:セックス

2位:仕事帰りの友人とのおしゃべり

3位:夕食

4位:リラックス

5位:昼食

<幸福度ワースト5>

1位:朝の通勤

2位:仕事

3位:夕方の帰宅

4位:子供の世話

5位:家事

出典:http://president.jp/articles/-/21191?page=2

調査からわかるのは幸福度に「収入が上がった」ということが含まれていないことです。多くの人は「収入がもっと良くなればいいのに」と考えているにもかかわらず、それが幸福度に直結していません。安定した生活にはお金以外の健康や友人そして時間の過ごし方が重要であることが浮き彫りになったのではないでしょうか。

引用:https://pixabay.com/

安定した生活はつまならない?

「安定した生活がつまらない・・・」安定した生活を目標にがんばってきた人が時に言う言葉です。生活が目標通りに安定したのなら、毎日楽しいだろうにって思うのですけど不思議なものですね。そもそも、それは目標が間違っていたのかも知れません。安定した生活が本当に目標だったのでしょうか。

「安定した生活の上で何をするか」を目標にすべきだったのです。


人は死ぬ時に何を思う?


ある人が言っていました。人は死ぬ時に今までの人生でかかわってきた人に感謝するのだそうです。友人、パートナー、子供に対して「ありがとう」と強く感じるといいます。ほどんどの人が「あの時、どうして力を貸してくれなかった?」などの恨みごとは思い浮かべず、ただ感謝するそうです。だったら、元気なうちから感謝の気持ちを伝えればいいのにというのがその人の口癖でした。

さらに、人は死ぬ時に人生を振り返り多くの後悔をします。「なぜ、あの時こうしなかったんだろう」って。後悔はいやですね。しかも死ぬ間際だったら、もうどうしようもないじゃないですか。幸いにもわたしたちは、まだ死にません。だったら「感謝」と「やりたい事」をたくさんしようではありませんか。つまらないのは安定した生活ではなくて、つまらない考え方です。


安定した生活を手に入れたのなら


「安定した生活をしている」そう思った時点で間違っていることに気づかなくてはなりません。そして安定した生活などというものは続くと思わない方がいいでしょう。

会社の倒産、リストラ、病気、事故、天災が100%起こらないとは言えないのです。安定した生活とは実はとても儚いものの上に成り立っているということを、どこかで知っておかなくてはならないでしょう。


安定した生活のために


安定した生活がこの先もずっと続けようと思うなら、努力が必要になってきます。まず大事なことは健康です。今、健康のために何かしていますか。食事バランスや生活習慣はいかがでしょう。健康なくしては安定した生活は送ることができません。自分の健康維持についてもう一度見直してみてください。

次に大事なことはまわりの人との関係です。家族、友人とはちゃんとコミュニケーションが取れているでしょうか。そして大事にしてあげているでしょうか。相手の立場にたって相手がどのように感じているのかを考えてみることもたまには必要です。

引用:https://pixabay.com

安定した生活の基盤を作るために

安定した生活を送るために、大事なものがたくさんあることをお伝えしてきましたが、何といっても現実的に年収を上げることが必要だと言えます。年収を上げる方法としては「昇進」「転職」「副業」「ダブルワーク」「起業」があります。


昇進して安定した生活を


昇進して給料が上がるのならそれはとてもいいことです。ただし気をつけないといけないのは出世して必ずしも幸福度がアップするとは限りません。時間の自由がなくなったり、ストレスが大きくなったりと仕事の環境の変化を伴うことが多いでしょう。


転職して安定した生活を


中途採用の場合、高いスキルが求められるため人事でなく現場の管理職面接というケースが多いようです。その場合の面接通過率は大手企業で「書類審査20%」→「一次審査10%」とかなり低いのが現実です。一次審査を通過すれば二次面接ではおよそ9割の人が採用となります。転職の成功率というのは意外にも低いのです。


副業して安定した生活を


副業とは本業のかたわらで収入を得ることですが、転職と違い「うまくいくかどうか」を確かめながらできるところがいいですね。しかも収入がアップするので貯蓄にまわすこともできます。最近ではネットビジネスなど副業の選択肢も広がってきましたので、試してみる価値があるでしょう。


ダブルワークして安定した生活を


ダブルワークでおすすめなのがブログアフィリエイトやYouTube投稿です。2つの仕事を持つのなら、そのうちの1つは労働時間が何倍にも収入としてフィードバックされる働き方を選ぶといいでしょう。なぜなら安定した生活のためには最も手堅いからです。


起業して安定した生活を


起業はうまくいけば今より何倍も安定した生活が手に入りますが「うまくいかなかった時」のことも考えておかなくてはなりませんね。また店舗をかまえるなどの投資が必要になる場合が多いです。


まとめ


安定した生活の基盤を作るためには、まずはアクションすることが大事です。それは、収入が上がらないまま、時間だけがどんどんと過ぎていくからです。とくにアフィリエイトで収入を増やしている人たちは決まって「もっと早くしておけばよかった」といいます。

「安定した生活」を手に入れると、お金以外の大事なものがたくさん見えてきます。そしてより豊かな生き方を選ぶことができるでしょう。人生の終わりの時に後悔しなくていいようにこれからの毎日の幸福度をあげていきたいですね。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村