マイルの賢い使い方!お得に使う!


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

マイルとは今やお得なキャッシュです。しかも使い方によっては1マイルの価値は全くと言っていいほど変わってきます。マイルが貯まったら賢く使って、ライフスタイルを充実させましょう。

マイルの使い方のおすすめを紹介!

マイルの使い方といえば、飛行機のチケットを手に入れるものだと考えるのが普通ですが、マイルは航空券以外にも交換することができるのです。もちろん、航空券に交換するのが一番お得な方法ですが、時には旅行へ行く日程が取れないのに、マイルの有効期限が過ぎてしまうなどの不測の事態だって考えられます。そのような時でもマイルをムダにしないでしっかりと有効活用したいものです。


マイルの価値


マイルの価値については1マイル=1円と思われがちですが、交換先によっては1マイル=2円にもなるという裏技もあるのです。航空券と交換する場合でもローシーズンとハイシーズンとではマイル単価は全く違ってきますね。ハイシーズンのファーストクラスの航空券購入では1マイル=16円以上にもなることがあります。

マイルにはレートがあり、マイルを何と交換するかで大きく価値がかわってくるということですね。マイルの交換先はこれからも増えていっている進行形ですので、より多くの情報を集めることがとても大事です。せっかく貯めたマイルですのでその価値を最大限に活かしていきましょう。


マイルを現金にする


有効期限ぎりぎりのマイルを持っているなら、一気に現金化してしまうのが手っ取り早い方法です。現金化はマイルのレートが1マイル=0.5円と低くなってしまうこともあるのですが、確実に損をしない方法としては一番でしょう。

ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ、楽天銀行、住信SBIネット銀行でマイル交換ができます。方法は「ネットマイル」などのポイント交換所から簡単にすることが可能です。


ポイントに交換


今やポイントも電子マネーとして便利に町中で使えるようになりましたね。nanakoやwaonポイント、Tポイント、dポイントもマイルの交換先として人気となっています。またvisaプリペイドカードへのチャージやアマゾンギフト券への交換もおすすめな方法です。これからはLINEポイントへの交換もよさそうですね。


ホテルでの食事やディナークルーズに使う


貯まったマイルでリッチな気分を楽しむのもひとつの方法です。現金を使うのではないので、ものすごくお得感が感じられますね。ホテルオークラやリッツ・カールトンの20,000マイルコースでは記念日にふさわしい雰囲気と料理が堪能できるでしょう。

マイルを使ってのランチやディナーは通常のコースよりも豪華に設定されていますので、マイルの使い方として最近では特に注目が集まってきているようです。ご家族や大事な方とのすてきな思い出になるのではないでしょうか。

引用:https://pixabay.com

マイルの使い方!アメックスはお得?


アメックスとは


アメックスとは「アメリカンエクスプレスカード」の略称で、数あるクレジットカードの中で最もステイタスの高いカードとして知られています。アメックスはカードを持つために厳しい審査を必要としているため、アメリカではアメックスを持っていることが「社会的信用」の証ともいわれていたのです。

日本では保有者が多いのはVISAカード、次いでJCBとなっているので、あまりアメックスを持っている人は見かけませんが、エグゼクティブやセレブの間ではアメックスが当たり前といってもおかしくありません。

アメックスには次の種類があります。

  • グリーンカード(年会費12,000円)
  • ゴールドカード(年会費29,000円)
  • プラチナカード(年会費130,000円)
  • ブラックカード(入会金50万円+年会費360,000円)

アメックスのグリーンカードは他社のクレジットカードのゴールドカードに相当する特典やサービスがついています。年会費を払っても余りある特典がアメックスの魅力でもあるのです。


アメックス、グリーンカードの特典


  • 国内、海外旅行傷害保険5,000万円付帯
  • 商品購入日から90日間、最高500万円まで補償
  • 手荷物無料サービス(空港⇔自宅、ホテル)

グリーンカードですら、これだけの特典があるのですから、ゴールドやプラチナ、ブラックの特典は持つ人のステイタス満足度を大きく高めるようなサービスでしょう。


お得なアメックス


世界中を旅する旅行者にとっては特に便利で信用の高いカードですが、マイラーにはとくにおすすめの1枚が「ANA・アメリカン・エクスプレス・カード」です。ANAアメックスを使ってANA航空券、旅行用品、機内販売品を購入するとポイントが通常の1.5倍、さらにマイルも1.5倍付与され、大変お得です。

またANAアメックスでは利用金額200円ごとに1マイルが加算されることになります。たとえばセブンイレブンでANAアメックスを利用すればポイントだけではなくマイルも貯まるので、どんどんとポイントとマイルが増えていくのです。提携店でのANAアメックス利用で200円あたり2マイルの付与となるかなりお得な期間が時折あるので見逃せないです。

ANAアメックスの最大の特徴は1,000ポイントを1,000マイルに変えることができる交換率の高さです。ただし「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年会費5,000円)への加入が必要、通常の年会費7,000円とは別途、会費がかかります。とはいえANAマイレージクラブへのマイル交換には上限が一切なく、マイルの有効期限を気にすることもありません。カード継続時にもフライトボーナスが発行されたり、空港ラウンジの無料利用ができたりと、マイラーにとっては最高のカードがANAアメックスなのです。

引用:https://matsunosuke.jp/ana-amex-gold/

マイルの使い方!【JALとANA編】

JALもANAも基本的には、マイルは航空券の購入に充てる方が多いようですが、他にもマイルを便利に利用することができます。航空会社の系列のレストランで食事をしたり、レンタカーを借りたりとワンランク上のサービスを受けることができますのでどんどんと利用しましょう。


マイルの使い方 JAL


  • Suicaにチャージしてムダなく使う

「JALカードSuica」をお持ちだと、JR東日本の窓口、びゅうプラザ、指定席券売件で切符を購入するたびに「ビューサンクスポイント」が貯まっていきます。この「ビューサンクスポイント」をマイルにすることも、マイルを「ビューサンクスポイント」にすることもできます。600マイル=600ポイント、1回10,000マイル、1年間に2回、20,000マイルまで入金が可能となっています。電車をよく利用する人にはありがたいですね。

  • 電子マネー「WAON」に交換、ショッピングでまたマイルが貯まる

JMB WAON、イオンJMBカードを作れば、マイルをWAONに交換可能になります。WAONはイオングループですので、使えるところが多い便利な電子マネーです。ファミリーマートやマクドナルド、吉野家でもOK。キャンペーン中なら10,000マイルが11,000円相当の電子マネーになるのでかなりお得です。

そしてJMB WAON、イオンJMBカードでショッピングすれば200円ごとに1マイルが貯まります。上手にためて、上手に使うにはWAONはとてもお手軽ですね。


マイルの使い方 ANA


  • 楽天スーパーポイントへ交換

ANAマイルは楽天スーパーポイントに交換できます。10,000マイル=10,000ポイントですが、4月1日~翌年の3月31日まで、20,000マイルまでとなっています。20,000マイルを超えると、10,000マイルが5,000ポイントへとレートが下がるので交換の時期に注意が必要です。

楽天は電力自由化スタートによって「楽天エネルギー」のサービスを始めています。「楽天エネルギー」の電気を使えば、楽天スーパーポイントで電気代が支払えるというお得な仕組みになっています。楽天スーパーポイントはANAマイルに交換できるので、電気代でマイルを貯めることも可能ですね。

  • 地域経済応援ポイントへ交換

地域経済応援ポイントとは「自治体ポイント」ともいい、眠っているポイントや有効期限が切れてしまうはずだったポイントやマイルを地域活性に活かそうというものです。マイルは自治体ポイントへ移行する際にマイナンバーと関連付けられるので誰のポイントかが明確に管理されています。

好きな自治体に貢献できるという、少し「ふるさと納税」に似たような性格をもっています。自治体ポイントで買い物をすることで、地域の特産品などを手に入れることができるのです。

 

引用:https://pixabay.com

マイルの使い方!【デルタとユナイテッド編】


マイルの使い方 デルタ航空


  • スカイマイル エクスペリエンスの入札

デルタ航空ではマイルの利用方法の一つとしてエクスペリエンス(経験)を提供しています。どんなものがあるかというと・・・

・バックステージツアー

・レッドカーペットウォーキング

・サッカーチームのグラウンドへの入場

誰でも購入できるわけではなく、入札(エントリー)によって抽選で選ばれることになります。デルタのマイルを使って貴重な体験をするのはとても興味深いですね。

  • デルタ スカイクラブの利用

デルタスカイクラブとは空港に用意されたラウンジなのですが、無料の食事やドリンクが用意されていて、他社のラウンジよりもラグジュアリーな雰囲気となっています。シャワールームもあり、旅の途中などでは是非利用したいラウンジです。

搭乗券があればデルタ以外の航空会社の飛行機に乗る方でも利用可能となっています。デルタマイルではスカイクラブの利用券を購入することができるので、空港利用時には使いたいです。

・1回利用券:1回5,000マイル

利用券は、クラブのチェックインデスクでのみご購入が可能。空き状況等によりご利用いただけない場合があります。

・個人会員:年会費47,000マイル

世界各地のデルタ スカイクラブへの無制限アクセス。ご同伴者は1名様あたり29.00ドルまたは2,500マイルでご利用いただけます(ご利用1回につき2名様まで)。

・エグゼクティブ会員:年会費70,000マイル

世界各地のデルタ スカイクラブへの無制限アクセス。お客様ご自身とご同伴者(ご利用1回につき2名様まで)


マイルの使い方 ユナイテッド航空


  • ANAの特典航空券に交換

ANAはユナイテッド航空と同じスターアライアンスで提携しています。同じスターアライアンスではマイレージの相互利用が可能ですのでユナイテッドのマイルを使うのならANAの国内線の特典航空券を購入するのが最もお得な方法となるのです。

しかもゴールデンウィークなど航空券が高くなるハイシーズンでも同じ価格で購入することができます。たとえば、国内線のローシーズンでは5,000マイルで購入できるところが、ハイシーズンだと7,500マイル必要になります。これをユナイテッドのマイルなら5,000マイルで買えるのです。

  • マイルを保持する

日本の航空会社では3年でマイルが失効してしまいますが、ユナイテッド航空では18ヶ月以内にマイレージプラス提携のクレジットカードで支払いをすることで永遠に延長されます。そのため、いつでもANAの特典航空券を安く出購入できるようにマイルを貯めておくというのも賢い使い方だといえるでしょう。

引用:https://delta-ana.com/post-724/

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村