会社を辞めたい…そう思った人が読む記事


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

会社を辞めたいと思っている人はじつは増えているのです。時代の移り変わりとともに終身雇用制度が崩壊しようとしている中、がまんをし続ける意味がなくなってきたのですから当然の流れだといえるでしょう。

会社を辞めたい…【30代の理由】

会社を辞めたいと考えている30代は、会社や人間関係をとてもシビアに見ているといえるでしょう。また転職して今よりもいい職場を得る可能性が高いですので、会社を辞めようかと悩みだしてから辞めるまでは非常に早いです。


会社を辞めたい理由 30代


  • 給料が少ない

30代では給料賃金に不満を持つ人がとても多くなっています。会社の業績不振で給料を30%もカットされたり、残業が多いのに残業代がつかなかったり、またはボーナスが出ないなど待遇面で会社を辞めたいと思っているのです。同じ職場の人との給料の格差には特にストレスがたまっていて「自分の方が仕事量が多いのに・・・」と会社の評価にも不満が積もっています。

・手取りが20万を切っているので結婚したくても多分できない。

・通勤手当が月に1,000円しかでない。

・勤めているアパレル会社の服をたくさん買わなくてはならず生活できない。

・ボーナスがないので働いていても何の楽しみもない。

  • 人間関係

人間関係の問題はどの職場でもありますが、一度嫌だと感じてしまえばもう辞めてしまいたいという気持ちが日々高まってしまいます。

・新人の態度に仕事を教える気が失せる。

・上司がいい加減で、言うことがコロコロ変わり、信頼できない。

・女性ばかりの職場でコソコソと悪口を言われるのに耐えられない。

・あからさまに仲間外れにされているのがつらい。

・上司から叱られることが多く、パワハラを感じている。

などなど、人間関係の不満は男女ともに深刻で、会社に行くのがつらくてたまらないという人も多いのです。

  • 仕事の内容

1日のほとんどを過ごす職場での仕事がつらいというのは、致命的です。本来仕事とはやりがいや責任感の中で楽しみや達成感を感じるものです。それが仕事の内容によっては苦痛や倦怠感になることもあります。

・高齢者に高いふとんを売りつけるのが耐えられなくなった。

・商品開発に配属されて毎日の試食で体調をこわした。

・営業ノルマがきつすぎて、ストレスからいつも胃薬を持ち歩いている。

・高齢者の世話をするのが嫌になった。

・ルーティンワークばかりで自分が退化しそうになる。

会社を辞めたいと考える30代のその理由は、どれも「早くやめた方がいい」といえるものばかりです。早く会社をやめて新しくスタートすることで、人生が切り開けるようにも感じられます。30代ならまだ若いのでじゅうぶんやり直しがきくのではないでしょうか。ストレスから身体を壊さないでほしいです。

引用:https://pixabay.com

会社を辞めたい…【40代の理由】

会社を辞めたいと思い始めた40代はとても焦りを感じているのが共通点です。ほんとうに辞めてしまっていいのか、それとも家族のために自分ががまんをするべきなのか。もしかしたらリストラの対象にならないだけでましのでは・・・と色んなことが頭の中を駆けめぐります。


会社を辞めたい理由 40代


  • 会社に将来性を感じない

40代になるとこの先の自分の会社でのポジションがどうなっていくのかが気がかりとなります。出世することができるのか、それとも窓際へと追いやられていくのか。そのため40代で転職または起業する人も増えているといえるでしょう。また会社自体に将来性を感じられるのかも大きな課題となります。

・もう10年以上も給料が上がっていない、勤め続ける意味があるのか疑問。

・役員の親戚や知り合いが、いきなり入社してきて上司になった。

・新しい企画をだしても、どれも通らない。

・会社の売り上げが落ちてきて仕事が減り、オフィスのそうじばかりをしている。

  • どうしてもやりたいことがある

会社を辞めたいという40代には会社が嫌だからという理由だけではなく前向きにもっとスキルを活かしたい、どうしてもやりたいことがあるといった気持ちもあるようです。そのような場合、家族の理解を得られるかどうかが大きな分かれ目になるでしょう。

・飲食店をしたいと思う。

・研究機関で働きたい。

・田舎で農業がしたい。

・在宅で仕事がしたい。

・管理職として働きたい

50代になってしまってはできないけれど、今ならまだ新しい環境でがんばれる。それが40代ですね。いってみれば人生で最後のチャンスだともいえます。

  • 転勤したくない

転勤の多い企業は意外と多いです。特に銀行や商社では同じ地域に何年いられるかわかりません。若いうちは子供も小さいですが、受験を控えるようになると引っ越ししてまわるわけにもいかず、単身赴任ということも考えなくてはなりません。このまま定年を迎えるまで単身赴任というのは誰だって悩んでしまうでしょう。

<海外転勤の多い企業>

1位:トヨタ

2位:デンソー

3位:三菱商事

4位:三井物産

5位:住友商事

6位:丸紅

7位:ソニー

8位:キャノン

9位:三菱電機

10位:日本貿易振興機構(JETRO)

転勤したくないとはいえ、一流企業を辞めてしまうのはもったいないようにも思えますね。会社を辞めたいと考える40代の理由は30代よりも、人生に関わる重みがあるものが多いようです。とくに飲食店をするなどの起業するのは勇気が必要です。

引用:https://pixabay.com

会社を辞めたい時のコツ

会社を辞めたい時、あなたは何と言って辞めたいと申し出ますか。何というかによっては会社ときまずくなったり、上司や同僚を不快な気分にさせたりしてしまいます。できればそのようなことは避けたいですね。

あなたが辞めたいということに対して会社は親身になって引き止めてくれることもあるでしょうが、できればすんなりと辞めたいものです。そこで会社を辞める時のコツを上げてみたいと思います。


嫌われずに会社を辞める理由


  • 親の介護をする

親の介護が理由で会社を辞める人は、年々増えています。ですが、その後、経済的に困窮するのは目に見えているので「親の介護をするから」といっても、会社は引き止めようとします。

しかしそこは「経済的には心配ありませんので」ときっぱりと退職の強い意志を伝えるのがいいでしょう。「ご心配をおかけしました」と感謝を伝えるのを忘れないでください。

  • うつ病になる

うつ病が理由で退職というのは、会社側もどうすることもできません。下手なことを言うのを避けたいのであっさり認めてくれる場合が多いでしょう。または親身になって休職をすすめられるかもしれません。

休職をすすめられたなら一旦は素直に従って、後日「やはり無理そうなので辞めさせてください」と依願するようにしてください。うつ病が理由の場合、医師の診断書が必要になることもありますので、あらかじめ心療内科を受診しておきましょう。

  • 腰痛になる

親の介護、うつ病にくらべると同じウソでもばれにくく、気がラクなのが「腰痛」です。「腰痛がつらくて勤務も通勤ももう無理です。真剣に治療に専念したいので辞めさせてください」そういわれれば、会社はがまんしろとは言いにくいでしょう。


退職代行サービス


退職する時は、職場で一緒に働く人や会社に迷惑をかけないように礼儀をつくして辞めるのが常識です。しかし事情があってどうしても上司が受け入れてくれないなどのもケースあります。そんな場合、頼れるのが退職代行サービスです。

退職代行は本人に代わってほぼ100%、退職を成功させてくれるのです。うつ状態などで無断欠勤が続き、退職交渉できないままでいると、会社から「損害賠償請求」されることもあります。そのような可能性がある場合は料金を支払ってでも退職代行サービスに依頼するのもひとつの手です。

退職代行サービスでは「給料を手渡しするので本人が来るように」などといった飲食店に対しても振り込みでの支払いを成功させています。

引用:https://pixabay.com

会社を辞めたい…相談を誰にする?

会社を辞めたいと考える人には、それぞれに悩みがあるでしょう。その悩みを誰かに聞いてもらえたらと思っていませんか。誰かに相談することで悩みが解決するかもしれません。ただし、どれくらい会社を辞めたいと思っているか、どんな理由によって辞めたいかによっても相談する相手は変わってきますね。

  • 会社を辞めたい相談を上司にする

どんな理由にせよ、上司に相談するのはいいことです。上司は辞めることを反対する立場ですので、手厳しい意見もされるでしょう。ですが、突然辞表を提出するよりも、前もって相談したということは上司の顔を立てることにもなるのです。できれば会社を辞めたくない、でも辞めたくなる問題がある場合などは上司に相談するべきです。

  • 会社を辞めたい相談を同僚にする

同僚は同じ立場の人間で状況がよくわかっている相談相手です。あなたの言いたいことや感じていることを最も理解してくれる存在といえるでしょう。また、上司の場合と同じで、相談なしにいきなり辞めるのは、裏切られたように感じられてしまうかもしれません。同僚があなたのことを信頼してくれているなら、最初に相談しましょう。

  • 会社を辞めたい相談を親兄弟にする

親兄弟は、あなたのことを一番心配してくれている人ですが、残念ながら会社のことや、あなたを取り巻く状況について、理解をすることができません。ただ話を聞いてもらえることでストレスが少しは軽くなるでしょう。もし親兄弟が、あなたが何で悩んでいるのかわからずにいるようなら、むやみな心配をかける前に相談する方がいいでしょう。

  • 会社を辞めたい相談を友人にする

相談に乗ってくれる友人がいるのはありがたいことです。友人は同じ世代という目線から適切なアドバイスもしてくれるでしょうし、励ましてくれることでも元気づけられます。同僚や親兄弟に言えないようなことも話せるところもいいですが、あまり辛口なことは言ってくれないかも知れません。

  • 会社を辞めたい相談を転職エージェントにする

もうほとんど会社を辞める気持ちが固まっているというなら、転職エージェントは強い味方になってくれるでしょう。会社の辞め方や手続きについても適切に指導してくれます。また次の仕事についてもしっかりと条件のあう会社を探してくれるので安心です。

  • 会社を辞めたい相談をインターネットでする

インターネットの悩み相談などは多くの人から率直な意見が聞けるところが利点です。人間関係がない人からの書き込みなので、会社を辞めるのを止めることも、とくに進めることもなく中立的に答えてくれるでしょう。

会社を辞めたいという、今の状況は辛いかもしれません。ですが必ず出口は見つかりますので、消極的にならず、思い切って行動することをおすすめします。

会社を辞めたい時

会社を辞めるのは、ある意味簡単です。しかし、問題なのはその後です。収入が無くなることはもちろん、就職活動も行わなければなりません。辞めたい、そう思った時に転職活動を始め、次の就職先が決まってから辞めれられるとよいですが、そうでない場合もあります。

辞めたい、と思った時に急に収入がゼロになって生活そのものに困らないよう、副業やサイドビジネスを始めておくのもよいでしょう。

簡単に始められる物と言えばインターネットビジネスです。ノウハウや根気はもちろん必要ですが、リスクが少なく始められる副業です。

今勤めている会社だけに依存しない収入源がある、というのは、会社を辞める時にとても心強い支えになるでしょう。

引用:https://pixabay.com

この記事を書いた人

提携ライター

ひぃろ


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。