「一石二鳥」ではなく○○


【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~

はっぴー
「はっぴー」です

今回は、「一石二鳥」ということわざについてお話をさせて下さい。

みなさんはもちろん、「一石二鳥」という諺はご存知ですよね?
通常は、「一つの行動で2つの利を得ること」という意味で使われています。

「一石二鳥」に関して少し調べてみますと、元々はイギリスの「Killing two birds with one stone.」
ということわざを和訳した英語由来の四字熟語のようです。

簡単に説明しておきますと、鳥を捕まえようと一つの石を投げたら、運よく二羽の鳥に石が当たり思いがけず二羽を捕まえたという感じですね^^

では、ここでみなさんに質問があります。

あなたがいま実践しているネットビジネスにおいて、「一石二鳥」になるようなことってあると思いますか?

答えをすぐに言ってしまいますが、ビジネスにおいても「一石二鳥」になるようなことはあります。

これはビジネス全般に言えることなのですが、大きく稼いでいくために必要なのは、いかに無駄なくすべてのことをお金に変えていけるかが大事なことになります。

しかし初心者さんの場合は、バナナデスクさんの下克上∞やYTM∞の通りに実践をし、石を投げることが大事です。足し算をするようにノウハウを積み上げていってください。

すでに数十万稼いでいる方であれば、自分が学んで得たことを情報発信していくことにより、どんどん掛け算をするように進んでいってほしいです。

ここからが問題です。

「一石二鳥」は狙ってもいないものが舞い込んできたというような状況ですから、偶然ヒットしただけで一発屋みたいになってしまいます。

実は、皆さんにして頂きたいのは「一挙両得」なんですね^^

「一石二鳥」も「一挙両得」も同じ意味として使われるのですが、

実際には「一挙両得」は2つのことを得るために常に考えて行動をしているわけです。すごく簡単に言ってしまうと、効率よく作業をするということなのですが、物事を省いて効率よくするのではなく、

2つのことが一緒にできる方法や、2つのことをどうやったら掛け合わせられるのかを、常に考えながらすることで「一挙両得」を狙っていこうということです。

ビジネスはよく掛け算でやろうなんていいますが、実はいきなり掛け算をしてもダメなんですね。

始めは足し算。数字にしたらわかりますよね。

ノウハウ3×作業量5=15ですが、間違ったノウハウ0×作業量10=0なんです。

ですからまずは、コンテンツや、作業量で一歩ずつ足し算で積み重ねていき 実績が出始めたら掛け算をしていくことに力を注いでほしいと思っています。

何故かといいますと、皆さんはYouTubeやブログを毎日更新したくて始めたのですか?ということなんです。

あくまでもYoutubeやブログは入口であり、夢や希望に向かって進めていってほしいと思います。

くれぐれも「二兎を追う者は一兎をも得ず」にならないようにご注意ください。

はっぴー
今日お伝えしたかったことは、「一石二鳥」

ではなく、「一挙両得」



【バナナデスク】YouTube~リスク0ビジネス資産構築講座~



人気ブログランキングに参加しています。
応援「ポチ」お願いします!

↓↓↓

アフィリエイト ブログランキングへ

ブログ村にも参加しています。
こちらも「ポチ」お願いします!

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。